なぜ、夫婦で二拠点か、一緒にビジネスか?

Pocket

 

こんにちは、菊池です。

「夫婦で人生の質を高める」

このサイト、ブログの前提に、

私は「夫婦で人生の質を高める」という考えを置いています。

 

私は、結婚を決めたのが、38歳の時。

まあ、比較的遅めかと。

 

結婚をしたときに、

とある人生の大先輩であり、

経営者としても大先輩にいただいた文章があります。

 

「家族ができると

どうしようもないことを

受け入れざるを得なくなってくることが増えます。

それで、人間として、社会人として

相手やいろいろなことを受ける姿勢が生まれて

人間として厚みが増すのだと思います。

新しい家庭を、新しい世界を つくってくださいね」

 

なるほど、確かになぁ〜と思います。(笑)

 

 

「どうしようもないことを受け入れる力」

これがないと、

「家庭があっての豊かな人生は

実現しないんだろうなぁ〜」と。

 

また、同時に、妻が言っていたことがあります。

「結婚というのは、

両親や兄弟以外に、絶対的な味方を手に入れること。

世の中の誰が敵になろうが、

自分のパートナーが味方でいてくれる。

また、パートナーだけは、味方でいてくれるように、

関係を築いていけばいい。

いろいろな人を見なくていい。

人生がシンプルになる。」

 

こんな主旨のことを言っていました。

「結婚したパートナーだけを見ると、人生がシンプルになる」

これもまた、「なるほどなぁ〜」と(笑)

 

 

ある人には、

「人生のパートナー選びこそが、人生で一番重要なこと」

だと言われました。

もっとも、聞いたのは、結婚した後ですが(笑)

 

となると、できることは一つしかありません。

この人を人生のパートナーに選んだことを

正解だったと言える人生にすること、です。

 

当然、そのためには、

自分の力だけでは不十分で、

妻の協力が必要なワケですが、

 

先ほど書いたようなことを、

妻は結婚に対しての考えとして、言ってくれています。

 

つまり、二人で人生に向きあい、

二人の人生の質を上げていく。

 

これによって、人生はシンプルになる。

こんなふうに夫婦と人生のことを考えています。

 

 

だから、このサイト、ブログの前提は、

「夫婦で人生の質を高める」な、ワケです。

1973年青森生まれ、兵庫県姫路育ち。京都、仙台、福山、東京と居を移しながら、写真家、書店員、企画職のビジネスマン、経営コンサルタントなどを経て、2007年に起業。2015年に妻と京都丹波に居を移す。そこから会社は東京、住居は京都丹波という2拠点生活に。現在は、会社経営、顧問、共同代表など色々な仕事に関わる。

maniaque

1973年青森生まれ、兵庫県姫路育ち。京都、仙台、福山、東京と居を移しながら、写真家、書店員、企画職のビジネスマン、経営コンサルタントなどを経て、2007年に起業。2015年に妻と京都丹波に居を移す。そこから会社は東京、住居は京都丹波という2拠点生活に。現在は、会社経営、顧問、共同代表など色々な仕事に関わる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です